知るべき、脱水対策

重要な脱水対策

【知っておくべき、この脱水対策】

脱水‥
近年のような猛暑が続く状況で、命に関わる深刻な問題である。

人体の72%は水分で構成されている。

体から水分が減っていくと、頭痛、認識能力の低下、
疲労、便秘、不眠、関節痛を招くと考えられている。

だからといって、
水をたくさん飲めば飲むほど良いと言うわけではない。

逆に摂りすぎると低ナトリウム血症を発症する可能性がある。
症状には嘔吐、頭痛、むくみ、見当識障害、疲労感がある。

メディアなどは、脱水対策として水を飲むように促している。

しかし、その大部分は「塩分と水を補給すること」だけ。
その他の大事な要素が欠けている。

脱水状態で意識しなければならないのが「吸水」と「保水」

「吸水」
つまり飲む水は、現時点での脱水傾向や脱水状態を
緩和することが出来るが、将来の脱水は防げない。

そこで重要になってくるのが「保水」である

「保水」はゆっくりと体に吸収されるため、
即時性はないが将来の脱水を予防できる。

例えば、ボトルウォーター1本とリンゴ1個を食べれば、
ボトルウォーター2本よりずっと多くの水分を吸収できる。

それは、リンゴに含まれる繊維物質が、
スポンジの代わりとなって水分を長く保持できるから。

また、水は取れば良いというものではない。
メディア等では得られることの少ない価値情報は、

フルーツや野菜に含まれている水の方が
実は水分を長く保持できるのです。

【水を飲むこと】だけでなく、【水を食べる】ことを
意識する必要があるのではないだろうか?

大事な脱水対策の、もう1つは「筋膜」である

体内で水を運ぶのは血流だけではない、
「筋膜」も水の輸送路の1つとして働いている。

その「筋膜」を刺激することが脱水予防になる。

「筋膜」刺激するにはどうすれば良いのか?

具体的には「ひねり」である

体をひねる事で、そのひねりを戻した時に酸素と栄養素で
いっぱいの新鮮な水分が流れ込んでくる

首を左右や上下に傾けたり、
腕を伸ばし上半身をひねったりすることである。

その他にも、塩分補給は「天然塩」を摂ることが体が喜ぶ。

これで脱水を効果的に予防できるでしょう。